にきびを予防しませんか?

にきびの原因とケアについて

にきび肌基本

にきびのでき方は千差万別でいろいろなパターンがあります。

 

10代くらいから増えはじめて、たまにできる程度という人もいれば常ににきびだらけという方もいます。

 

自己流でにきびケアに失敗してにきびをさらに悪化させてしまったという人も意外と多くいて、自分の肌タイプに合わせたにきびの処置はと大変です。

 

肌のコンディションやにきびの状態によってもにきびケアの最終的な結果は変わってきますので、人の言葉をただ盲目的に信じ込むだけでは適切なケアはできないでしょう。

 

にきびができる理由にも幾つかあります。

 

思春期に多いにきびは、皮膚からの脂質の分泌が過剰なために雑菌が増えて起きてしまうと言われています。

 

10代はホルモン分泌が盛んにおこなわれるため、最もにきびかできやすい年代でもあります。

 

大人にきびと言われる20代からのにきびは、肌の乾燥からくる肌荒れが大きく関わっています。

 

20代になると肌の老化も徐々に始まってくるので、老化もにきびの原因の一つと考えられています。

 

アクネ菌についての正しい知識を持つこともにきびケアにはいいようです。

 

アクネ菌とはにきびができる原因の一つとされており、普段から毛穴などに存在しています。

 

アクネ菌は皮膚に分泌された皮脂成分に作用してどんどん増殖していき、赤にきびを作っていきます。

 

赤にきびをケアせずにそのまま放っておくと、膿が出てくることがあります。

 

無理やりにはがしたりつぶしたりすると、傷になって最終的にはにきび跡と呼ばれる、傷が残ってしまうことになります。

 

にきびケアにとって最も大事なことは、できたにきびを下手に刺激しすぎずにきびの原因を元から排除するようにすることです。